空撮のサービスで高解像度のデータを入手

空撮のサービスで高解像度のデータを入手

subpage1

写真やビデオの撮影を趣味にしているという人は多くいるでしょうが、ユニークな撮影の仕方としてヘリコプターを使って空撮を行うというものがあります。
ヘリコプターのように高度を飛行し、空中停止もできる乗り物で空撮を行うとインパクトのある撮影ができて満足度が高いものです。


自分が思い描いているアングルから撮影ができれば、気持ちがいいでしょう。

ちなみに、ヘリコプターによる空撮のサービスを利用する場合には、カメラマンを手配してもらうこともできます。

空撮に関する情報が閲覧できます。

プロの技で撮影をしてもらいたいという品質重視の人は、注目しておくと良いです。ヘリコプターも十分珍しい撮影方法ですが、他にも珍しい方法があります。
それがドローンを使っての撮影です。
ドローンの場合は、地上から150メートルぐらいまでの低高度からの撮影ができ、ヘリコプターとはまた違った撮影を行えるのが魅力です。



空撮時には画像・動画ともに対応が可能で、高解像度のデータで撮影をしてくれるのが嬉しいところです。



4000万画素を超えるカメラで撮ってくれますので、大きな印刷物用に画像が欲しいという人にピッタリです。
ヘリコプターは、遊覧飛行というカジュアルな利用の仕方もあります。
景色を眺めることをメインとした乗り方ですが、カメラを持ち込むことができますので、ついでに空撮を行うことができます。


遊覧飛行を利用すると色々なスポットをヘリコプターで回れますので、楽しく撮影できることでしょう。

ヘリのテクニック

subpage2

ヘリコプターといえば、飛んでいる音を聞いたり姿を見ることはあっても、乗るということはなかなかない乗り物です。しかし、専門的な仕事をしている人ではなく一般の人向けに飛行するサービスというのもありますので、それを利用すれば乗ることができます。...

next

ヘリの学びたい知識

subpage3

ヘリコプターというと映画や軍事の世界のものと思うかも知れませんが、意外と簡単に素人でも予約、利用ができることはあまり知られていません。どんなに高速道路を飛ばしても限界速度はありますが、ヘリコプターなら直線距離で時速200キロです。...

next

ヘリの知っておきたい情報

subpage4

道路や線路のような交通インフラを建設する場合、地形を詳しく調査しなければなりません。いい加減なデータに基いて工事を進めてしまえば円滑な進行は望めません。...

next

いまどきのヘリ

subpage5

航空測量は文字通り航空機を使った測量です。主に地形図を製作する時に利用が行われる測量技術で、レーザー光線や位置情報を得るGPSを使った方法が採用されています。...

next