航空測量技術の発達は完成度の高い地図製作に役立つ

subpage01

航空測量は文字通り航空機を使った測量です。

最近気になった航空測量情報に対応した情報サイトです。

主に地形図を製作する時に利用が行われる測量技術で、レーザー光線や位置情報を得るGPSを使った方法が採用されています。

航空測量は、レーザー測量とも呼ぶもので、地上にレーザー光線を照射すると、レーザー光線は地上で反射をして再び戻って来ます。


戻る時の時間を計測して地表面の状態を3次元データに置き換え、地図を製作する事になります。但し、地表面が標高18メートルの場所にレーザーを照射した時、航空機の高度でレーザー光線が戻るまでの時間差が生じます。
ここで重要な役割を持つ装置がGNSS受信機です。

GNSS受信機はレーザー測距装置の誤差を補正する役割を持つもので、航空機の位置を正確に捉えてくれます。航空機の位置はX軸、Y軸の2次元方向だけでなく、3次元方向となるZ軸も捉えるため、正確な位置を捉えた状態でレーザー光線が戻るまでの時間を正しく計測出来るようになるわけです。



また、航空測量はレーザー光線を照射させながら上空を高速度で移動するので、航空機の姿勢、加速度などを計測するための慣性計測装置と呼ぶジャイロセンサーを改良したものが利用されています。
慣性計測装置の値により、レーザー光線の発射された方向を正確に補正が出来るようになります。航空測量で得た情報を使う事は地上で測量を行いながら地図を製作するよりも高品質なものが出来る、航空機を飛ばしながら測量を行う事が出来るので広範囲の地形図を製作出来るなどのメリットを持っています。