航空測量で得られる詳細なデータ

subpage01

道路や線路のような交通インフラを建設する場合、地形を詳しく調査しなければなりません。

いい加減なデータに基いて工事を進めてしまえば円滑な進行は望めません。

航空測量の情報はここで調べよう。

こうした重要な情報収集も、昭和以前であれば観測員が現地を歩いて調べなければなりませんでした。



先進技術によって充実した航空測量は人の労力を減らしつつ、正確かつ広範囲なデータをもたらしてくれます。
空からの調査といっても目視で地形を確認するわけではありません。

飛行機やヘリコプター、またはドローンに搭載された機器からレーザーパルスを照射する方法が主流です。

これは目には見えませんが地面や障害物に当たることによって反射していきます。

その際の数値を収集すれば3次元の計測データが作成され、詳細な地形図として反映していくことが可能です。レーザーパルスによる航空測量は僅かな高低差や形状も見逃すことはありません。


インターネット上の地図サービスなども、こうした技術によって支えられています。インフラ整備の他にも大規模建築や農業でも地形データの収集は不可欠です。



航空測量を利用すれば、短時間で土地の全貌を把握することができます。
当然ながら市販されているドローンを飛ばしても正確な情報が得られるわけではありません。

専門サービスに問い合わせた上で、最新機器を使った航空測量を実施してもらうことになります。工事の規模が大きくなるほど万全の準備が肝心です。
航空測量は全ての基礎となる地形図を完成させる、極めて効果的な方法といえます。